みずさわ眼科のブログ


by mizusawa-ganka

<   2013年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

花粉症の初期療法

年が明け、1月も終わりです

寒さの厳しい毎日ですが・・・・

もう花粉症症状と思われる アレルギー性結膜炎の患者様が増えてきました

関西では 通常2月の下旬からスギ花粉の飛散が始まると言われています

でも もう飛んでるかもしれない という説もあります


スギ花粉は ハウスダストなどのアレルゲンに比べ、強く症状が起こります

なので、治療には通常よりもたくさんお薬が必要だったり

強いお薬が必要だったりします


でも早めに治療を開始すると、症状の出る期間を短くできたり、症状を弱めたりできます

これを初期療法といいます


花粉の飛散の2週間ほど前から 治療を開始する

または症状がではじめたらすぐに開始する

そうすると、過敏になりすぎるのも 抑えられる効果が期待できます


もう症状が出ておられる方は 治療を開始してください


治療は主に点眼薬で行います

点眼薬は安全にできていますが、患者様の条件によっては

合うもの、合わないものがあります

それは コンタクトを使用している、とか

ほかの眼科疾患で治療中であるとか

点眼過敏症があるとか・・・

特にコンタクトレンズの使用については 注意が必要です


なので、是非眼の花粉症は 眼科専門医で治療を受けてください

受診をお待ちしています

[PR]
by mizusawa-ganka | 2013-01-31 13:31